閉じる
メルマガだけのお得な情報満載!大分の食にまつわる旬な情報をいち早くお届けします。たすきのメルマガ。無料会員登録はこちら。
個別相談依頼は
こちら
農業生産法人 株式会社西日本農業社-Reborn!臼杵大生姜 農業生産法人 株式会社西日本農業社-Reborn!臼杵大生姜

土づくりからこだわった有機野菜 『臼杵の大生姜』を復活農業生産法人 株式会社西日本農業社 [ 大分県臼杵市 ]

  • カテゴリ
  • 農産物加工

生姜の栽培から加工まで全て手作りで製造している「ジンジャーシロップシリーズ」。日常に取り入れやすく気軽に楽しめる商品を通じて、臼杵の大生姜の魅力を全国へ発信。近年の健康志向も重なり、順調に売り上げを伸ばしています。

代表取締役 後藤慎太郎

代表取締役 後藤慎太郎

この記事をシェアする

臼杵の大生姜復活に尽力する、小さなまちの大きな取り組み。

西日本農業社がある臼杵市では“食べる人のことを考えた農業”を掲げ、『有機の里づくり』を推進。農作物が育つ土を良くしようというという取り組みから誕生した「うすき夢堆肥」や、化学肥料を使わずにうすき夢堆肥などの完熟堆肥で育った野菜を市長が独自認証する「ほんまもん農産物」など、大分県の中でも農業に力を入れている地域です。
会社の創業は2004年。臼杵市では農家の高齢化も進み、耕作放棄地が増えていたのが現実でした。そこで同社では、農作業の受託のほか、自社でも米、麦、大豆などを栽培。耕作放棄地の解消により鳥獣被害の対策にもつながり、自給率向上にも貢献しています。
そんな取り組みの中で、「地域を盛り上げる特産品を」と注目したのが“生姜”です。臼杵にはかつて、明治40年頃に栽培がはじまった“臼杵大生姜”という伝統野菜がありました。「最盛期は70ヘクタールほど栽培していて、全国的にも有名でした。昭和20年頃だったかな、地域に連作障害が広がって収穫量が減ってね。少しずつ廃れてしまったんです」と教えてくれたのは会長の後藤益喜さん。
土の見直しや有機栽培への取り組みが強化されている今こそ伝統の復活をと、生姜栽培をスタート。連作障害を防ぐため、植える畑を1年ごとに変えることで、収穫量の安定確保に成功しました。「農薬を使わないから、特に夏場は草取りが大変。だけどここを丁寧にしないとおいしい生姜はできないんですよ(後藤会長)」。除草も全て手作業。丁寧に愛情を込めて育てられた生姜は、10月下旬から11月上旬に収穫し、すぐに皮むきをして急速冷凍庫で保管。一定の温度を保つことでおいしさもキープされます。

西日本農業社がある臼杵市では“食べる人のことを考えた農業”を掲げ、『有機の里づくり』を推進

西日本農業社がある臼杵市では“食べる人のことを考えた農業”を掲げ、『有機の里づくり』を推進

連作障害を防ぐため、植える畑を1年ごとに変えることで、収穫量の安定確保に成功した

連作障害を防ぐため、植える畑を1年ごとに変えることで、収穫量の安定確保に成功した

オリジナル加工品で生姜の付加価値を高める

一般に流通されているものに比べ、有機栽培の生姜は販売価格が3倍ほどになってしまいます。こだわりの土で、除草剤や生育剤などを使わずに育てる生姜は栽培に手間暇がかかるためです。臼杵の料亭に素材の提供をしていますが、スーパーなどで販売しても一般消費者が購入するにはなかなか手が出しにくいのが現状。「値段だけを見て“臼杵の生姜は高い”というイメージを持ってほしくない。付加価値を分かっていただくためにはじめたのが、手に取りやすい加工品です(後藤会長)」。
平成23年に加工品の製造を本格スタートするにあたり、自社ブランド『臼杵香味屋(うすきこうみや)』を立ち上げました。自社で製造している加工品のひとつが、水や炭酸水、お酒などで割ったり、ヨーグルトやアイスクリームにかけたりするだけで簡単に楽しめる『ジンジャーシロップシリーズ』です。栽培から収穫、皮むき、加工、瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、全て手作業で行われています。
機械化をすれば効率が上がり生産量も増やせますが、「やっぱり人の目が一番信頼できる。安心・安全な商品を届けたいからこそ、効率が悪くても手作業で作ることに意味があるんです(後藤会長)」と、手作りにこだわり続けています。
生姜の辛みを生かしたプレーンやエクストラドライ、かぼすやレモンなどの果汁入り、ハーブを配合したものなど全部で9種類。中でも近年人気を集めている『チャイの素』は、農林水産省が主催する『フードアクションニッポンアワード2019』で上位100選に選出され、全国でも知られる商品に成長しました。
また、生姜エキスを抽出する際にでる生姜の絞りかす。以前は廃棄していましたが、何かに使えないかとアイデアを出し合い誕生したのが『生姜糖』です。きび砂糖と一緒に丁寧に炊きあげた商品で、やさしい甘さがおやつやお茶請けにぴったり。カリっとした食感と生姜独特の辛みがクセになる『生姜糖(ドライ)』と、大分県産かぼす果汁を加えしっとりと仕上げた『かぼす生姜糖』の2種類を製造・販売しています。

ジンジャーシロップシリーズ

ジンジャーシロップシリーズ

栽培から収穫、皮むき、加工、瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、全て手作業

栽培から収穫、皮むき、加工、瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、全て手作業

やっぱり人の目が一番信頼できる。安心・安全な商品を届けたいからこそ、効率が悪くても手作業で作ることに意味があるんです(後藤会長)

やっぱり人の目が一番信頼できる。安心・安全な商品を届けたいからこそ、効率が悪くても手作業で作ることに意味があるんです(後藤会長)

近年人気を集めている『チャイの素』は全国でも知られる商品

近年人気を集めている『チャイの素』は全国でも知られる商品

他社と一緒に大分県を盛り上げる商品づくり

地元企業では、豊後大野市にある焼酎蔵『藤居醸造』からのアイデアで「きっちょむジンジャー」が誕生。臼杵の生姜にかぼす果汁の酸味を加えたノンアルコール飲料で、すっきりとしたおいしさが子どもから大人まで人気の商品になりました。県外企業では、全国各地に店舗を展開している蜂蜜専門店からは、徹底した品質管理や完全手作りであることを評価され、PB商品を受託しています。特有の辛みが特徴のひね(種)生姜、香りが強い新生姜と特徴の異なる生姜を扱っているため、味のイメージや好みに合わせて素材提供ができるそうです。
「私たちだけではできないことも、外部のみなさんからのアイデアで新しいことに挑戦していきたいです」と話す後藤会長は、「海外の人たちにも臼杵の生姜を知ってもらいたい。うちの生姜シロップにどんな反応をするのか見てみたいですね」と、さらに広い視野をもって生姜作りに励んでいます。

海外の人たちにも臼杵の生姜を知ってもらいたい。うちの生姜シロップにどんな反応をするのか見てみたいですね(後藤会長)

海外の人たちにも臼杵の生姜を知ってもらいたい。うちの生姜シロップにどんな反応をするのか見てみたいですね(後藤会長)

農業生産法人 株式会社西日本農業社

農業生産法人 株式会社西日本農業社

PROFILE

設立年月
2004年8月
事業内容
水稲栽培、小麦栽培、大豆栽培、農作業受託部門、青果栽培、農産加工

CONTACT

住所
大分県臼杵市野津町野津市2675-1
TEL
0974-24-3622
FAX
0974-24-3623
メール
info@nnns.jp
HP
https://nnns.jp/

この記事をシェアする